アメリカ人の食生活がかなりヤバいと言う話

アメリカ人の食生活がかなりヤバいと言う話を聞いた事

先日、一人暮らしを満喫中の友人と話していた事なんですが、どうもアメリカ人はピザは野菜だといっているらしい。
と言う話を聞いて、思わず大笑いしてしまいましたが、どうやら事実の様です。
と言うのも、ピザの生地の原材料は麦で、麦は植物なので野菜に分類する事が出来て、更にトマトソースが載っているけどコレも当然野菜だから、ピザは野菜の上にチーズがかかった食べ物だと言うのです。

 

この発想にはかなり驚きましたが、何と言っても麦は野菜に分類されるんですねーって言うか、植物はみんな野菜って事になるんですかね?
つまりは、ポテチも野菜は一応合ってるけど、ポップコーンも野菜に分類されるって事ですよね?
まぁ、間違っていない事も無いですが間違っているこの食生活だから、肥満大国なんて状態になってしまうのかも知れません。

 

しかし、日本も例外ではありません。
最近は、1日3食のうち2食位をカップ麺だけで過ごしている人も増えているのです。
しかもカップ麺は野菜だとか訳の分からない事を言っているのです。

 

理由は、アメリカの「ピザは野菜だ!」にちかく、カップ麺の材料は麦=植物なので野菜だし、薬味にネギが入っているから野菜が摂れるし、などなどの理屈がたくさん詰まっているので、なかなかに説得するのは難しそうです。
1日2食もカップ麺だけで過ごしてたら、多分アメリカのピザと同様かなり1日当たりの塩分摂取量は凄まじい事になります。
と言うのも、1食分のカップ麺には約8〜10gもの塩分が含まれているのです。

 

因みに、日本人の大人の1日の理想塩分摂取量が8g程度なので、1食分で1日分の塩分を摂取してしまっているのです。
なので、こんな生活ばかりしているといつか身体を壊す〜どころか今も着々と進行しているかも知れないので出来ればせめて、カップ麺を食べる生活から脱出していってほしいですね。

 

菓子類やインスタントフードを野菜だとか称していると、いつか必ず身を滅ぼす様な事態に陥る可能性が高くなるので、出来れば早々に普通の食生活に戻した方が良いと思います。
塩分や油分の摂り過ぎの状態が続くと、高血圧や動脈硬化、腎臓炎や心筋梗塞や胃がんなどの症状が出やすい身体になってしまうのです。
と言うか、他にも色々な症状や病状の現れやすい不健康な身体になってしまうので、なるべく早くそんな食生活を止めて普通の食事をしていってほしいと思います。