風邪をひいた時、ネギを首に巻くのではなく、マフラーを巻いた方がイイ

暖房より湯たんぽがよい

あの、暑くて寝苦しかった真夏の気温もまだ忘れ得ぬ中〜、とうとう真冬がやって来てしまいました。

 

暑くて苦しくて汗だくで熱中症で、早く冬が来ればいいなと思っていたあの頃〜がとても懐かしいです。

 

そんな暑苦しかった日々から数ヶ月、夜中にパソコンでネットサーフィンするのがちょっと苦痛になるほど寒いこの時期は、熱いお風呂に入りその後シミウスオールインワンジェルででスキンケアをしてさっさと寝た方がイイとは思うんですが、でも夜の方が友達もたくさん活動していたりTwitterでフォローしている人の多くが深夜帯に面白い事呟くので、自分だけ寒いから〜と言って寝る訳にもいかない〜感じなのです。

 

でも、そうやって呟いていると起こるのが、寒い部屋での手のかじかみです。

 

夜は寝るだけだから暖房はケチって、厚着して室内なのにマフラー装備&帽子装備&湯たんぽを持ってきて〜それで暖を取っているのです。

 

湯たんぽは数年愛用していますが、思ったよりもすごく温かいので、夜中に活動する時はこれが無いと本当に厳しいのです。

 

それに、暖房をガンガンつけて作業すると、夜通し付けた電気代や灯油代がかかってしまう事から、非経済的な状況に陥ります。

 

当然!家族から早く寝て光熱費を節約しろ!と苦情が来ます。

 

しかし湯たんぽなら、1回沸かして〜入れて〜温まって〜でもヌルくなるまでの時間が約4時間なのです。

 

1回コンロでヤカンにお湯を沸かすガス代がいくらかかるのか分かりませんが、一晩暖房を点けっぱなしで過ごすよりは格段に安いかと思われます。

 

と言う事なので、湯たんぽで暖まりながら活動する事で、誰も夜中に色々しても何も言わなくなりました!

 

ので、夜中に活動したいけど寒くて断念している人は、湯たんぽで暖まるのがお勧めですが、そんななか今年初の風邪を引いてしまったのです

 

ネギを首に巻くのではなく、マフラーを巻いた方がイイ

 

昔の人の〜民間療法の中でも有名なのが、風邪をひいたらネギを首に巻くと言うのがありますが、今はネギよりやはりマフラーを巻いた方がイイかと思われます。
と言うのも、マフラーの方が断然!暖かいからです。

 

ネギも、何も風邪に効果が無い訳では無く、ちゃんと効果があるのですがその効果が、ネギの切断面を嗅ぐと鼻水が止まりやすい〜そうです。ので、ネギを首に〜の前に切断面をくんかくんか嗅ぐ方が効果はありそうな気がします。

 

そもそも人は寒暖の差が激しくなったりまた、予想外の気温が展開された日などは身体の機能が追い付かなくなって、それで風邪をひいてしまいやすくなるのですが、ただそれだけで風邪はひきやすくなるのでしょうか?

 

〜と言う事で、私はかつてアホな実験をした事がありました。

 

若くて体力があった頃にもアホな考えが起きて、それでその頃は実行してみたんですよね。

 

室温5℃の自室で、5時間半袖シャツ1枚で過ごしたら〜風邪をひくのか?とか笑

 

今やろうとは全く思わないんですが、若さゆえ〜〜って感じですね今思えば。

 

と言う感じで5時間部屋で薄着で過ごしていたんですが、全く何も起きませんでした。

 

風邪位ひくだろう?と思っていたのに、その実験後もひかなかったので、当時は相当に体力と皮下脂肪が積もっていたのかなぁ〜と思い出します。

 

そんな結果に終わった最初の実験ですが、2度目はありません。

 

もしやるとしたら、体力に自信のある若者の誰か〜がやって欲しいと思います。