猫と幼児は、今!やった悪い事をすぐ叱らないと意味が無い

我が家の猫

我が家には〜昨年川で拾った子猫が育って大きくなったデカい猫が居るんですが、最近私の手のひらをものすごく強く噛んだんです。
すると、手のひらに穴が開いて、骨まで行ったかな?と言う感じの痛さが走ったので、票院で色々検査を受けました。

 

病院では、ちょっと右手の薬指の手のひらの中の骨がアヤシイので、固定してしばらく使わない様に〜と言われましたね。
と言うか、そもそも手のひらに穴が開くほど噛まれて痛いのに、そんなに動かす様な事はしませんよ〜と言いながら、ああでも仕事でパソコン触る事が多いしなぁ〜と色々思い出したりしながら帰宅しましたね。

 

猫は、しょんぼりとしていたので、どうやらそれなりには反省している様ですが、これもそれも猫が噛んでいるその時に怒って、何悪い事してるんじゃーーー!!的に制裁をしたからなのです。

 

そうやって制裁するとよく猫好き過ぎる人が抗議して来たりするんですが、じゃあ私は手に穴が開いてもニコニコ笑って猫を撫でてろとでも言うんですかね?

 

それじゃオカシ過ぎるので、猫にもちょっとだけ痛い思いをしてもらう事にしているのです。
〜の成果か、猫がションボリ反省していた様子だったので、それなりに気分的には許してやろう〜と言う事になりました。

 

が、こう言う光景を〜昔も幾度となく体験して来たなーと思い出してみたら、子供らが乳幼児〜幼児の頃にも似たような事があって、悪いことした瞬間!すぐ叱った事がありました。

 

その時も、子供らがションボリ〜して、もう許してもらえないのかなぁ〜的涙を流していましたねー。
と言う事で、猫と幼児を叱る時は、悪いことした瞬間じゃないと確実に忘れる&何で怒られているのか分からない〜と言う状況になるので、要注意です。